船橋 賃貸

『船橋 賃貸』の関連文章

船橋の賃貸を専門にご紹介している不動産会社です。

『船橋 賃貸』のブログ

おかねつかってるなにげ。
・礼金は法的根拠なし 
・連帯保証人は賃貸借契約を解除できない 
http://www.mlit.go.jp/report/press/house03_hh_000011.html 

講義雑感
「売主担保責任」は、6つの類型を押さえるあとはゴロでカタチにして周辺知識で固めれば完成。
「賃貸借契約」は、賃借権の譲渡、転貸辺りのボリュームがありますが、見直せば理解できる箇所モチベーションが高い時に一気に攻略。
「請負契約」は、「請負担保責任」を「売担」と比較して確認すればむつかいし話にはなりません。

『船橋 賃貸』の質問サイト

【緊急】相談です。ピアノ可のアパートに住んでいます。賃貸借契約書にはピアノが9時から21時まで弾けると明記してあり、その条件のもとで入居しました。 ところが先日20時半ごろピアノを弾いていると、外で怒鳴り声がし、その後警察がうちにきて、苦情が入ってますと伝えられ、不動産屋からは演奏は20時までにしてとお願いされました。それで、仕方なく20時までで練習をやめるようにしています。今日、20時半ごろに、玄関でチャイムが鳴り、ドアの穴から覗いてみると見知らぬおっさん(?)が立っていました。びっくりして小声で「はい」と言っても反応がなく、ドアの周りを見渡してから去って行きました。 すごくきみが悪いです。こういう場合どうしたらいいのでしょうか?ただ、誰かもわからず、別に実害があったわけでもないので、相談できなくて。。。
不動産業者です。 契約書に明記しているなら、大家はピアノが9時から21時まで弾けるようにする義務があります。 ピアノを演奏しても契約解除しないよ、という意味ではありません。 できないなら債務不履行です。 又、大家は住人に平穏無事な生活ができるよう努力する義務がありますが、あなたが不安を感じているなら、それは平穏無事な生活ではありません。 立派な実害です。 大家に早急に対処させてください。
賃貸借(611条の類推適用について) 民法611条を根拠として賃料減額請求をした場合、その減額の効果は遡及して滅失時から生じ、多く払いすぎた分は不当利得返還請求することができるという解釈でよいのでしょうか?
通説は本条の請求権を形成権と捉えるとともに、危険負担の特則と理解する様です(我妻各論)。 効力は一部滅失時に遡って効力を生じると解しています。 以上から多く払いすぎた賃料分については不当利得返還請求権が認められると思われます。 ちなみに611条類推適用ではなく適用で良いのではないかと考えます。

関連語

  1. 徒然サッカーなるままに>
  2. 掲載サイト一覧2>
  3. 船橋 賃貸